« 共生菌の正体 | トップページ | 根も葉もない話(2) »

2014年9月19日 (金)

着生ランの直播き

☆2013-5-11着生ランの種子直播き

身近な我家のフウラン、ボウラン、ボウフウランが松の木、モチノ木に括り付けらけて永年咲いてくれている。

ならば、播いてみようかと頭に描く、なにはさておき播く種子だが丁度尖閣の着生ランが黄ばんできたところである。何んの根拠ない閃めき実験ではある。

以前に無菌播種したところ約二十日でプロトコムになった。腐生ラン並みである(笑)。ところが処が何年経っても小苗でさっぱり大きくならず飽きもせず水だけは欠かさず遣っている。何の証拠もないが既存の着生ランの株下に播床を作っていたら小雨がぱらぱらと降って来たのでこれ幸いと着生ラン直播続行と相成った。腐生ランで気を良くした権兵衛の根も葉も~あるう難しい実験でした。ひょっとしたら雨胞子が?!

1_31223344556677      

着生ランの成株であれば何の樹木でも活着するようである。最初の頃は水苔と一緒に縛りつけていたが一昔も経つとすっかり水苔などは抜け落ちてそれでも根は元気に直に活着して野生の本領を発揮している。風蘭はモチノ木に付けてあるがすべすべした樹皮にも関わらずしっかりついているし棒蘭は松の荒れ肌に当然の様に絡みついている。そして両者を交配して得た棒風蘭も枯れることなく毎年咲いてくれて種を飛ばし続けている訳だ。ほど良い揺り籠の寝床を作ってやればきっと自然の成り行きで発芽するに違えない。理屈や道理も良かろうし、自然の成り行きには人間様など毛頭にも及ばない事だってあるだろう当然だか。5月末頃一回目観察となるだろう。つづく

..................................................................................................................................................................................................................................................

☆2013-6-20 着生ランの種子直

播き40日目

雨が止んだので一寸覗いて見ました。

1_612_22

日本の着生ランを樹木に直播きして発芽するかの実験ですが、勿論その種子をどの様に播けば良いかは色々と工夫をこらし、どんな種子を何時頃にしようかと思いをめぐらせるのも面白いのではないでしょうか。栽培易しい着生ランなので本気度は今一ですがニューメンランの種子が丁度出来たので挑戦して40日目の様子です。種子は確実に膨らんできました(!?)。無菌播種をしても簡単に発芽するのでその価値もなさそうですが、何と言っても直播きで共生菌も度返しした試みである。要はやって見なければ何も分からないとう云う一言だす。知識なき、勇気ある者の赤面の実験だす。つづく

今時庭の着生ラン

  1_72_33_24_25_26_26
     

着生ランは今時の雨に命を燃やす。時として忘れがちな日本の身近なラン達ち、1~5図、6図はおまけの腐生ラン、この空梅雨に一本だけ生えていた。庭で咲くラン、深山で咲くランそして又楽しみを与えてくれる。やる気をもやす。

..................................................................................................................................................................................................................................................

☆2013-6-29着生ランの種子直播き50日目

巻きつけたアルミホイルを剥がして見ると程よく湿っているのが解る。普通のランの発芽は時間が掛かるので梅雨明けまで発芽が確認されなければやっぱり無理ということになるのか無理を承知の実験である。ただアルミホイルを利用すれば程よい湿り気が確保される事が解かっただけでも収穫である。

1_81 2_42 3_33 4_34 5_35  

 1図~3図イリオモテランの種蒔き50日目、フラスコ発芽は緑色になってくるが未だその気配はない。腐生ランのプロトコームの様な格好にも見える。何日目に緑っぽくなるのか我慢のしどころか。まだまだつづく。4図~5図はおまけで権兵衛の交配歴である。今回は何気なく交配したところ結実して30日目のガンゼキラン&ミニカトレヤである。信じられないので添付することになった。ミニカトレヤも複雑な交配なので花粉を着けない不稔となっているが他の花粉を着けてやると良く結実するようである。果してこの異色の交配はどうなるでしょうか。交配図を参考にご覧になって占って頂きたい。

☆2013-12-3着生ラン直播きの結末。

1_9 2_5 3_4 4_4 5_4 6_3 7_2 8 9 10 11
 

早朝は霜柱を踏む時期になった。着生ランの直播に挑戦して6ケ月、途中記録を怠った。蟻の集団に合い種子が持ち去られた。思うに、常時細心の注意が必要だった。しかし来年もやるぞ直播!。そんな事はよそにニューメンランは来季の花芽を又伸ばし始めた。

☆2014-8-23庭の 着生ランのまとめ動画

2014-7~8月開花

フ ウ ラ ン 87 動 画

     ボ ウ ラ  ン047 動 画

         ボ ウ フ ウ ラ ン88 動 画 (その1)  

                  ボ ウ フ ウ ラ ン88 動 画 (その2)

                        ニ ュ ウ メ ー ラ ン動画

 

 パ イ ナ ッ プ ル  オ ー キ ッ ト動画

.................................................................................................................................................................................................................................................

« 共生菌の正体 | トップページ | 根も葉もない話(2) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2062980/57428206

この記事へのトラックバック一覧です: 着生ランの直播き:

« 共生菌の正体 | トップページ | 根も葉もない話(2) »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ