« 腐生ランの人工受粉、及び交配 | トップページ | 着生ランの直播き »

2014年9月19日 (金)

共生菌の正体

長い間林床を彷徨ってクロヤツシロランの観察、実験を繰り返して、ようやくその共生菌らしき温床見つかった。これは正に目から鱗の世界であった。野生での腐生ランの発芽の一部始終を初めて明らかになった瞬間に震いが止まらなかった。其れを仮にスギ玉菌と呼ぶことにする。それ以来このスギ玉菌をベースに直播きは出来ないかそして煩わしい無菌培養から腐生ラン直播の実験を繰り返しているうちに複数の其れらしき菌糸を特定することが出来た。それは現在のところ次の三種類の菌糸である。どの菌糸も野菜のごとく(笑)種子発芽を見ることが出来た。つまりクロヤツシロランの完熟蒴果種子をこの菌糸の上にパラパラと蒔いてやれば20日前後で発芽することを突き止めたのであります。設備皆無、知識皆無、机上論から離れデシカメ拡大のみの観察、自称種播き権兵衛の貧乏記録である。この記録が眉唾ものと思われるご同輩諸君は是非この下手なHP、ブログを見てやってください(笑)。これだと言われてもね~はい!

 挑戦されるご同輩諸君、共生菌(木材腐朽菌)の性質を良く考慮した上での事をお願いします。又功利的な応用は絶対に良くない。

*********************************************************************************************************************************************************************************************************************************************

☆2014-3-30 共生菌候補またまた?

昨年の7月農家の竹林の小路に奇妙な粉吹ききのこが生えていた。兵庫きのこ研究会に問合せるとベッコウタケの様だとのご返事をもらった。この竹林にはアキザキヤツシロランが発生するので目が離せなかった。その後きのこが生えている周りの竹根を集めて床を作り、子実体にもクロヤツシロランの種子を直播きをしたがプロトコームは発生を見なかった。そのまますっかり忘れていて今回覗いて見たら1図の通り立派な菌糸が発生していた。自称種播権兵衛、早速直播きとなった。その画像を添付したが画像は昨年のものも添付した

11223_2347745_256_2644_37

1図は昨年7月(2013)仕込んだ床で,今回(2014)覗いて見たら驚くほど太い菌糸が発生していたので早速クロヤツシロランの種子を直播きした。2はその様子3は直播きして13日目だが早くもプロトコームらしきものが見えたので共生菌候補に成るか興味津々と言う事です。後の3図は昨年撮った画像である。

7図今日で直播きから20日目であるが全く不明、3図のプロトコームらしきものは何だったのか今後の様子待ちとなります。つづく

.................................................................................................................................................................................................................

☆2013-5-17 ラン種子同大きのこ発見其の後

種播き権兵衛としては、きのこを見ると直ちに直播きする癖がついてしまっているので当然実験を繰返す事に。この子実体直播仕法を試みられるご同輩諸氏の皆さんは種播き権兵衛に一報下されたし,実用新案です(曝)、さすれば役に立つ情報は見つかるかもと思います。

           7  6_4  8


          

このラン種大のキノコは2,3日で流れましたが培地は確りと残っております。之に播ぬ手はありませんね早速直播きして21日目です。

                         種播き権兵衛の誰でも出来る腐生ラン&直播の方法

この種播き権兵衛の子実体直播工法は、もし山を散策して腐生ランが見つかったとしますよね、其処には必ず共生菌が同居している訳です。その山、一山全体を探すぐらいの気持ちですべてのきのこをチィックします。中には2,3日で流れるきのこもありますが三週間ぐらい健在のきのこであれば共生菌候補かどうかきのこの傘裏に直播きして見る価値ありますよ。共生菌候補は一種類とはがりませんね、クロヤツシロランの共生菌候補(プロトコムの形成)は複数見つかりました。けれども開花に至る迄までの共生菌は特定されるのではと思います。種播き権兵衛はこの実験をやったお蔭で腐生ランのインターバル撮影まで到達した訳です。                                                                                                           腐生ランと共生菌

誰でも知っているにも関わらず地下部ばかり気にして「共生菌のこのシンボル」に気が付かなかったのであります。そして実験の結果プロトコームが発生してきたとき、これがその「共生菌」候補であることはほぼ間違えありませんね。これが「本物の培地」で「無菌培地」とは比較にならない程日数が稼げます。そんな仕法で結果としてクロヤツシロランのインターバル撮影まで撮れたのである。次はこの共生菌をどうして増殖するかですが、下手なブログを見て下されば大体の様子は解ると思いますが、機会があれば又の日とします。以上は種播き権兵衛の幼稚な仕法ではあるが、少しでも絶滅危惧種の保全と種子の確保に協力出来れば幸いですご同輩諸氏とは種播き権兵衛同様後が少ないご同輩の事です(笑)。

*********************************************************************************************************************************************************************************************************************************************

 ☆2013-4-25 ラン種子と同大のきのこ発見!!

毎日観察ボックス内の菌床を覗いて見ると、今度は埃のラン種子大のきのこを発見した。之にはびっくり仰天である。コンマ5ミリにも未たないものだ、拡大すると立派なきのこ。撮影が終わって霧吹きをした途端に倒れてしまった。幸いと言うか傘裏を見せてくれたのだ。キノコの知識がないのでさっぱり分からない。自称種播き権兵衛には分からなくとも苦にしない事で腐生ランを播けば良いのである。早速くぱらぱとふり掛けた。はたしてどうなるかは誰にも分かりません。断っておきまするがこの「子実体直播き工法」は種播き権兵衛の特許である(笑)。

1_312_223_33445_35

1図は不思議に思ってデジカメで撮って拡大して見ると立派なきのこ、幼菌かなと思って翌日に撮ったら傘が開いていた3図。ランの種子と比較して下さい。その極々小の姿、肉眼では見えませんね。俺は腐生菌だと威張って居るので早速種播き作業に取りかかった。けれどもこのきのこがクロヤツシロランの共生菌候補になるかどうかはやっぱり根も葉もない話なのであります。4~5図追加添付2013-4-29に又生えてきました。

先のキチャワンタケは共生菌候補になったことを報告して追加記事といたします。恐るべしこの「子実体直播き工法」で7日でプロトコームを形成した。これまでは腐生ランは「野菜の如く20日前後で発芽する」と豪語した種播き権兵衛、なので「腐生ランの直播き」は一週間で発芽する」と訂正する(笑)。さあ~、ご同輩諸君が実用新案の特許をとるか権兵衛が先に取るかだ(申請中、曝)。そして腐生ランのインターバルで(「腐生ランのインターバル撮影」  「第二弾インターバル」 )競うではないか。

*********************************************************************************************************************************************************************************************************************************************

2013-3-10 啓蟄頃の林床のきのこ

1_412_32

 

啓蟄も過ぎて一変して馬鹿陽気になった。花粉やら黄砂の連日のニュースだ。暖かくなるとやっぱり体の虫もうずうず動く早速何時もの林床散策に出かけた。これまでにもこの林床には何回も入っているが今回初めて目にした数ミリの黄色いきのこ。同じ場所にはクヌギタケ?もあった。これ幸いと種播き権兵衛大切に持ち帰った。この両者のきのこも木材腐朽菌(?)であるようだ。

3_414_22

この林床にはクロヤツシロランが生えるため、数年にわたり通っているのだが今回はこれをきっかけにこの林床に生えるきのこを全て撮ろうと思った。ところで前記のクヌギタケ?はスギエダタケでは?と。観察ボックスに前回生えて来たクヌギタケとは違うようなのだ。又きのごの掲示板にでも聞かなくてはとおもっている。とに角播く事だ、其れしか頭に無い権兵衛だす(笑)。蛇足だが前項に添付したクヌギタケの根元に播いたクロヤツシロランのプロトコーム(下7図)は大きくなってきたのでご覧下さい。

*********************************************************************************************************************************************************************************************************************************************

☆その後クロヤツシロランのプロトコームの発生は

111312131230463421002445027546_26477

*********************************************************************************************************************************************************************************************************************************************
2013-1-31
またまたクヌギタケが生えてきた。

1_612_423_53
  

1~2図クヌギタケが又生えてきたので、今度こそは子実体に直にクロヤツシロランの種子を播くことにした。ところでクヌギタケの根元の白い部分は菌糸?それともただの繊毛なのかと疑って見るがです。
まあ~とに角播くことだ、其れしか頭に無いのである。子実体の軸は五六日で流れ朽ちるが傘の部分は長く残ることが分かっている。どんな展開になるか忘れて待とう。3図は前項の続で此処に添付した。スギ玉菌をおが屑培地に移して1ケ月目に菌糸がようやく発生した。この状態だと菌糸の感染は進んでいると思うので早くおが屑培地真っ白にならないかな~と思うだす(笑)。
緑色菌カビは今も無い。この白い菌糸はシックイタケだと思っている(?だけ)。同じ観察ボックスで目視出来るのはこの二種類だけだが、まだまだ発見出来る様なきがするだす。書き足しあり

*****************************************************************************************************************************************************************************************************************************************

2013-1- 20おが屑培地に人工受粉の種直播の実験その後

前々項☆2013-1-10 で添付したその後の経過であります。この実験は純粋培養ではありません。唯の直播きの実験ですのでご承知おき下さい。クロヤツシロランを直播して20日前後で発芽すると豪語した権兵衛。なので20日経過したので添付となりました(汗)。但しおが屑培地に共生菌糸が蔓延していればの事ですのでその辺処お許し下さい。

下記画像の説明ですが、無殺菌のおが屑培地に権兵衛専売特許(笑)のスギ玉菌を移し4日目に人工受粉したクロヤツシロランの種子を直播き、22日目の画像であります。前々項に戻って参考にして下さい。

0611 31_3
2

1図は共生菌が蔓延したスギ玉菌に予めクロヤツシロランの種子(野生)直播して置き発芽した時点でおが屑培地に移植したもので,すくすくと生育しております。このスギ玉菌糸をこの唯のおが屑培地に感染させようとの魂胆でこの実験を試みたのであります。本来であれば素直に純粋培養をやればよいのであります。現在の処、緑色菌(カビ)も無く経過している画像が2図であります。後はご同輩諸君にご判断頂きたいのであります。クリック拡大でみて下さい。つづく

*****************************************************************************************************************************************************************************************************************************************

☆2013-1-19 クロヤツロランとシックイタケ(一種)の関係,目から鱗の画像クリック拡大

1_81 2_52

クロヤツシロランの共生菌は複数存在すると判断される中で今の処、目視できた子実体はシックイタケの一種のみである。1図はスギ玉菌をベースに繁殖した菌床に腐食し難い木片を合わせ数カ月後クロヤツシロランの直播を試みた実験でその頃の画像である。2図はその一年後頃の定点画像です。種子から発芽したクロヤツシロランの塊茎が無数に繁殖している。その中に花茎起ち上げているもの一本本日確認した。これで厳冬期でも開花するかも知れないということが分った。他ぺージで連続3回開花なるかの実験中なので心強くなってきた。ただこの塊茎群は一年生なので、その他の塊茎も立ち上がる様なことにもなると。一寸したニュースになるかも知れないな~、らん展にでも出品して見るか(笑)。

3_734_345_556_56

スギ玉は約一年で腐食するので長期観察するにはそれなりの長持ちする固形培地が最良だ。共生菌の繁殖、消滅の過程は自然から学ば無ければなにませんね。3,4図1,2図の拡大図。5,6図は現在仕込み実験中のシックイタケ幼菌と菌糸が感染している様子であります。

本文シックイタケ(共生菌)の件その後の検査により妥当でない事が分かり「未記載の菌糸」と訂正します。誠に申し訳ありません。クロヤツシロランの共生菌であることは間違いありません。

*******************************************************************************************************************

2013-1-10 おが屑培地に人工受粉の種直播の実験

1_10 2_2 311

先ずお断りしておきますが之は純粋培養ではありません。ただの直播です。
クロヤツシロランの人工受粉の果実をおが屑培地に直播きをしてみた。そのまんまですから前代未聞の有菌培養です(笑)。Webに流すのもお恥ずかしいです。けれどもやって見るのが権兵衛だす。

 1図 一回目の実験は例によって例の通リ培地殺菌を試みたが何の事は無い4日目には大量の緑色菌(仮)の繁殖によって大失敗全部焼却(笑)。それではと試みたのが1図の二回目の実験である。一寸やそっとでは諦めないのが権兵衛である、それでは何をしたのかと言うと、何もしないと言うのが答えである。これは大発見でした(大笑)。発芽スギ玉菌を移植して4日目、今度は緑色菌は生えて来なかった。早速自慢の人工受粉して結実したクロヤツシロランの種子をこのおが屑培地に直播を行った。

 2図はおが屑培地に観察ボックスで発芽したスギ玉菌を移植後4日目に緑色菌(仮)が発生しない事を確認してクロヤツシロランの種子を直播きした。実験&添付同時進行なので当たるも八卦当たらぬも八卦その行く先は全く解りませんね。結果が出てから添付すれば良いのに(笑)

3図直播して11目のものである。幸いにして未だ緑色菌(仮)の発生はない。発芽したプロトコームは根状器官を伸ばし始めたが、何もしない有菌培地はどうなるでしょうか。菌糸の純粋分離や純粋培養菌株などとなればもっと早まるかも知れないが権兵衛のする事は小学生の理科実験である。この白い共生菌ははたしておが屑培地に感染するのかその気配は何にも分からないっす。1月19日が播種して20目になる、もしこの有菌おが屑培地にスギ玉菌の菌糸が感染していれば例によって20日前後が発芽の目安となる。だが共生菌が少なくともおが屑培地に感染する余裕の日数を加算しなければならないっす。こんな記事に厭きれて逃げ出すご同輩諸君もいるかも知れないが発芽するには共生菌以上に適切な湿度が大切なのであります。権兵衛っちの観察ボックスはこの湿度の保持で常に頭が痛いのです。天からのたもうたおらが森には野生ラン発芽の為の湿度がからっきしないのであります。湿度があれば何んにもいらないっす(笑)はい!。(次回更新は1月20日頃)
******************************************************************************************************************************************************************************************************************************************

☆2012-12-30 その後の菌糸の様子。 

1_1412_923_103 

前項ではクヌギタケの生えてきたスギ玉菌(3図)にクロヤツシロランの種子(野生)を採り播きした。これは随所にプロトコームの発生を見た。今度はこの伸びてきた菌糸に種子を付けたらどうなるか。
他方で
人工受粉した種子 (根も葉もない話3) が取れたので(2012-12-21)早速この伸びてきた菌糸に直播を試みた画像が2図拡大である。播いてから10日であるが種子が膨らんでいるのがはっきりわかる。この2c㎡足らずの中に何種類の共生菌がいるのかは専門的に調べて見ないと分からないかもしれない。しかし権兵衛、クヌギタケが生えて来たスギ玉菌とそこに巣喰う菌とこの伸びてきた菌糸、三者共に同じ共生菌でクヌギタケ菌であると自己断定するに至りました、はい(笑)。そして現在の処、クロヤツシロランの共生菌はシックイタケ、クヌギタケとその他二者有るものと思っているのでまだまだ貧乏記録はつづく(汗)。

******************************************************************************************************************************************************************************************************************************************

 1_1515_62

クロヤツシロランのプロトコームが随所に現われはじめましたです。菌糸も旺盛になってきましたのでもしやしてクヌギタケ生えてくるかも。2図おまけ、元祖クロヤツシロランの共生菌。  (シックイタケを未記載の菌糸と訂正)

    2_8     1_13
            

しかしクヌギタケであるかは断定出来ないと専門家のご指摘がありました(兵庫きのこ研究会 )のでやっぱりキノコを生やしてみないことにはと奮い立つのであった。どうすれば生えてくるのかなあ~。今少し観察することにしました。つづく

*******************************************************************************************************************************************************************************************************************************************

☆2012-12-2 播種20日目共生菌となり得た!?

1_1212_72

クロヤツシロランを直播して20日前後で野菜の如く発芽すると豪語した種播き権兵
先ずご同輩諸君にご判断頂きたいとおもいます。はてさてクヌギタケ菌はクロヤツシロランの共生菌と同定出来るでしょうか。後2日もすればこのパンパンに膨れ上がった腐生ランの種子がプロトコームと云うラン特有の球形肥大である。つまりランの種子がラン菌(共生菌)によって生長している証拠で間もなくプロトコームから発芽と言うことになると思います。もしこれが無菌培養、共生発芽と言う未熟種子の実験では絶対にこのスピード感覚は味わいないですね~。発芽の実感は前々項のスギ玉菌NO1~NO3で体験お願いします。

*******************************************************************************************************************************************************************************************************************************************

☆2012-11-24 四つ目の共生菌になりうるかクヌギタケ

クヌギタケはクロヤツシロランの共生菌になりうるか?
添付公開しなくとも後一週間待てばシロクロ決着するのだが種播き権兵衛にはそれが出来ないだす。三つも四つも共生菌は有るのであろうか。研究者で無いので何も分からない。
ただこの腐生ランの種子を野菜の種の如く直播して野菜の如く発芽すれば何と釈明しましょうかご同輩諸君。すでに前記した三種類の菌糸はどれも野菜の如く短期間で発芽を見た。今回は子実体が姿を現わしたのだ。

1_1612_102





 

1図(播種前)
新しい菌糸をまた観察ボックス(N02)で発見したので早速今年のクロヤツシロランの種子を播種試みた。2図は(播種後)林床で爆ぜた種子の膨らみ状態

3_1134_44

3図は播種して一週間目に覗いたところ極小のきのこが生えていた。だとするとこの菌糸は?
4図は播種して13日目の種子の状態である。もし、この菌糸が共生菌だった場合には播種して20日前後で発芽(プロトコーム)となるのであと一週間で発芽しなければクヌギタケはクロヤツシロランの共生菌ではないことになるはずですが・・です。2図と4の種子の膨らみ状態を見て欲しいです。はたしてどうなるかは誰にも解りません、はい!。クヌギタケよ!お前もか?!。 つづく 兵庫きのこ研究会 リンク

クヌギタケに関してのこれまでの画像二つ。

91_2            92
            

この画像は以前クロヤツシロランに袋掛けを行った時に傍に生えていたキノコである。今になって思うに、あれはクヌギタケだったのかと、二三年の時間のロスを悔いる権兵衛だす。この場所にはシックイタケの一種と、クヌギタケが生えている。

シックイタケを「未記載の菌糸」と訂正する。

*********************************************************************************************************************************************************************************************************************************************

☆2012-10-13

☆スギ玉菌NO.1 この菌糸は毛羽立って荒い、鈴なりになったプロトコーム。目から鱗とは。適正な湿度が重要な課題である。

A1 A12A2_33


 
☆スギ玉菌NO.2 黄金色に輝く菌糸、何とも綺麗だ。子実体の発見に全力。○○○○の世界だ。

B1B12B33

☆スギ玉菌NO.3  非常に柔かでコットンのよう、発芽の勢いは素晴しい。画像は反転しているが同画像である。

C01C2C13

林床は菌類の世界である。もしその共生菌を発見することが出来れば絶滅危惧種などと言う事も無くなるかも知れない。ただそれを感知する予知能力が人間様には備わっていないだけの話であり、我々は森に育まれて生きている。知らなくとも不便は感じないが森を不条理によって汚してはならないっす。空中廃棄物の拡散によって最初に森の菌類が犯されることを知らねばと思います。 森は万物のご遺体で育まれている母なる大地であり其処に我々は生かされている。

 

             尚、本件に無関係のメールは自動で削除されますので開く事はありません。ご注意下さい!

 

 

 

 

 

A11161_2

 

投稿日 2012/10/13 | リンク用URL

 

コメント

 

 

 

 

フォームの始まり

 

 

コメントを投稿

 

名前:

 

メールアドレス: (ウェブ上には掲載しません)

 

URL

 

この情報を登録する

 

コメント:

 

 

 

フォームの終わり

 

 

 

OCN 検索

 

 

 

フォームの始まり

 

 



 

 

フォームの終わり

 

 

このサイトと連携する (RSS 1.0)

 

このサイトと連携する (Atom)

 

 

携帯URL

 

 

http://mame.de-blog.jp/mamede/qrcode.png
携帯にURLを送る

 

Podcast フィード

 

 

20142

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 腐生ランの人工受粉、及び交配 | トップページ | 着生ランの直播き »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2062980/57428175

この記事へのトラックバック一覧です: 共生菌の正体:

« 腐生ランの人工受粉、及び交配 | トップページ | 着生ランの直播き »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ