« 着生ランの直播き | トップページ | 根も葉もない話(3) »

2014年9月19日 (金)

根も葉もない話(2)

********************************************************************************************************************************************************************************

2_12
                                                根も葉もない話(その2

根も葉もない話って実際にあるんですね、ご同輩諸君。昔、根も葉もない話をするなって良く親爺に叱られたものである。この頃親爺の歳になって、根も葉もない話に夢中になって根掘り葉掘り観察の日々をおくる自称、種播き権兵衛ある。変な植物の葉無しになってすいませんです。マヤランの話なんですがね~。

初めてマヤラン、サガミランが見つかったとき。此れまでは丹沢には無いものとおもっていたが、サガミの名がついているのでそのうちにきっと見つかると、恋焦がれていた。それも何回となく通いなれた処であった。種は何日で完熟するのか又止められない下手な観察が始まった。先ずマヤランの果実の完熟種子までの養生、これは凍結防止である。7月初旬に受粉したと考えて完熟まで180日だとすると翌年の1月初旬まで養生となる。一般に未熟の果実を使う様であるが、今回は完熟させようとの試みである。マヤラン、サガミランは地下深く15~20cmほど潜って生活しますが、発芽は当然だが林床上付近ですることになる。丹沢ではスズタケの傍に生えていることが良くありますね。竹の肌はすべすへしているので微細なマヤランの種子は雨水と一緒に地下深くストレートに流込む事も考えられるし、ヒメノヤガラなどもスズタケの周りで生えてるね。巧みに自然を利用しているのでしょうか。でその後何年かかって地下に定着するだろうか考えただけでも眠れませんね。林床に共生菌捕菌培地(?)を傍に埋め、後で無菌発芽した根茎を捕菌培地に寝かさせようと考えた、根も葉もない話では有ります。その後、林床に埋めた捕菌培地を11ケ月後に回収した。以前にペットボトルに播種をした発芽の根茎を回収した捕菌培地に寝かさせて見た。下図はその、成り行きを観察したもので有るが、根掘り葉掘りの根も葉もない話(笑)である。

✩2007-7-26~

107726 207101 3071225 40812 6_6 8081023 909714 _edited1 1109913 1309104 14091125

<この可笑しな観察と実験は下から見てこないと、なんの事か分かるまい!。 

***************************************************************************************************************************************************************************************

 以下、最近の観察 ↓↓             根も葉もない話(その3へつづく

************************************************************************************************************************************************************************************** 

☆2012-12-1 根性器官の誤りでした

             1_17112_13                                                                                     (誤り)                      (正解) 

前回11-27添付した新塊茎の発生根状器官の発生の誤りでした。訂正してお詫びいたします。考えればクロヤツシロランの生態系で活動期は5月末~6月初めで昨年開花した花茎の基部から先ず根状器官が発生してその後に新塊茎が発生するでした。すっかり忘れておりました。次回からは根も葉もない話(その3で添付となります。

*********************************************************************************************************************************************************************************************************************************************

☆2012-11-29クロヤツシロランの受粉を行った(1)。

蘭花の受粉交配などとり立てて言うほどのものではないが、クロヤツシロランはご承知の通リ花径が1センチ余りと非常に小さいく、花構造も分り難いのだ。そんな腐生ランを受粉や交配をやって見たいなどと思う偏屈者は滅多にいないかも知れない。今回その受粉作業を行って、花柄が伸びて来たので受粉完全成功と言う事です。今後蒴果するまで記録したいと思います。昔少年の夢としてはオニノヤガラやシロテンマ、ナヨテンマなどと交配してこのクロヤツシロランの共生菌床に直播きして見たいと思うのでこの作業は慣れておかなくてはと、根も葉もない話ではあります(笑)。洋ラン等の自家受粉の作業と違って全く手応えがないので同時進行添付はしなかった。

                         2_152

1_1813_1234_545_756_767_379_58

9_7
1.観察ボックス(2)で開花したクロヤツシロランの花

2.前面から花姿

3.葯帽を持ち上げ花粉塊を採取、柱頭ヘつける

4.外れた葯帽

5.葯帽も柱頭ヘつける

6.受粉作業終了

7.花殻腐縮

8.受粉成功。横向きだった花首が上方に向くので受粉の可否判断。

9花茎と花柄が明確に今後は花柄はぐんぐん伸びる。

以前、林床でクロヤツシロランは自家受粉するのかそれともショウジョウバエ 等の媒介なのかその疑問を解くべくこの極小の花茎に袋掛けを行うべく山に通ったが花柄は伸びて来なかった。 今回は実験ボックスなので手元で何時でも観察できた。網を張ったのでコバエやナメクジなど進入する余地はないはずである。

クロヤツシロランの受粉についてはこれまでにも色々と書き連ねてきたが今一確証がないので今もってこれだと断言出来ずにいる。その疑問点とは。

1.林床場所によってはツクシンボの如く乱立するを見る時、これが全部ショウジョウバエやコバ エによって受粉されるかということか。花粉は大きすぎるので背中に花粉を付けて飛び廻る事は重労働であり、殆どが背中の重みに絶えかねて林床をピョンピョン飛び跳ねているのが大半だ。之に変わる小昆虫も考えにくい。

.こんな疑問に絶えかねて林床に通って袋掛けを行ったが見事に外れて終った。結実しなかったのだ。自家受粉にも自信を無くして終ったのだ。風雨媒か?は更にないであろう。

.花が何故下を向いて咲くのか、林床すれすれで咲くのか、そのへんところに何か訳が有るのでしょうか、やっぱり。

*********************************************************************************************************************************************************************************************************************************************

☆2012-11-27厳冬期 三月開花目指して!?。

                           0b271779

三カ月周期で開花しているので本来ならば一月咲かねばならないが厳冬期でも有るので三月にずれ込むのではないかとの予想から三月開花を目指して!ということです。とに角この実験は初めてのケースなのでこれまた全く前途分からないということです。器官が発生するとその生長が極めて早いのがこの腐生ランの特徴だ、下図と比べて見て下さい。つづく

*********************************************************************************************************************************************************************************************************************************************

☆2012-11-24連続三回目開花なるか?生長の兆候。

0b271779_2
クロヤツシロランの開花の実験はいよいよ三回目開花目指してその兆候は現われた。実験公開同時進行なのではたまた如何なるかは分からない。しかしこれは腐生ランである。前記してきたように三カ月毎に開花の周期である。林床では木材腐朽菌によって腐食が進むが幸いにして倒木の傍等で開花すれば腐食迄5~6年はかかり共生菌もその間クロヤツシロランと共に生き延びることが出来る。ですからクロヤツシロランの命は長くてそのくらいと思っている。6輪以上開花している株は珍しい。

 

共生菌が立ち切られると塊茎は萎えて終うので公開はどうかと思うが、それは研究者と違うところである。失敗したところで恥じることもないっす(笑)。

前回も花茎の基部に二芽発生したが左芽は伸びて来なかった。今回も二芽発生発生している。3月開花目指して、興味津々である。ご期待下さい!前回不結実でした。

*********************************************************************************************************************************************************************************************************************************************

☆2012-10-31クロヤツシロラン定点観察株、ニ回完全開花しました。
                   5_8     6_8

追件、2012-11-1完全開花しましたので添付いたしておきます。参考にして下さい。                                        マヤランの近況 おまけ

1_19  2_16

3_13 4_6

お約束通り本日添付出来ました。何時頃咲くか予想出来たので一応、上出来だと思います。
前々回子実体其の物を添寝させる実験をしたが、確信は無いが上手く菌糸が増殖の気配が見られる。この観察ボックスを仕込んだのが昨年の初めでありその後播種を繰り返しして来ているので菌糸の糧は補充してはいるがもう限界だと思う。この三月に今年三回目の開花が見られればとおもっている。夢は「おがくずで咲かす」であります(笑)。之だけ申せばもう山に向かったご同輩諸君もいるかもです(爆)。
今頃野生では結実して種を飛ばしたのもあるが、おおむね花柄の生長中がほとんどである。野生では一回限りの開花であるが、実験の結果では何回も咲かせられる様である。

********************************************************************************************************************************************************************************************************************************************* 2012-10-28 クロヤツシロランは一年に二度咲いた!

この記録は活動期の始まる6月からの連続定位置観察です。解かりずらい場合には下項目を順次見て下さい。興味のある方必見

1_20

クロヤツシロランは一年で二度咲きました。10月31日までには咲き上げると思います
ところがです信じられない事に二日間見ないうちに蕾の鎌首が180度反対側を向いてしまったのです。こんなに敏捷に動くことが出来る何んてまるで動物です。
前項下図参考
その理由ですが又眠れませんね~。これは腐生ランである嫌光性なのか好光性なのかご同輩諸君答えて下さい。

 

これまで沢山の腐生ランの開花姿を見てきたが日光に関係なく不揃いにソッポを向いているようであった。観察ボックスの画像を撮る時には決まって室内に持ち込んで、撮影終ると又北側の定位置に戻すを繰り返した。

 

若しかして光合成するのか?そう云いばクロヤツシロの花茎、花柄は薄緑色である。それとも定位置に戻す時向きを反対にして置いたのか?とにかく解からん事ばかりだす。10月31日再添付するっす。     

*********************************************************************************************************************************************************************************************************************************************

2012-10-26 クロヤツシロランは一年に二度咲く?(その4)

pcの突然のドック入りで10日程見ないうちにこんなに伸びてしまいました。今月末の開花楽しみになってきました。この画像は以前から続いておりますのでさかのぼってご覧になって下さい。今年二回めの開花目前の状況です。

1_22 2_17 3_14
野生の場合
のクロヤツシロランの生態系について一寸だけ触れて見たいと思います。
クロヤツシロランは地下浅く塊茎(イモ)を作りその場所の共生菌が消滅しない限り毎年9~10月頃開花する。しかし、その共生菌は木材腐朽菌なので更新される堆積物がなくなれば腐朽菌の糧がなくなるのでクロヤツシロラン共々消滅する運命にあります。活動期は毎年5月末から6月の初め頃にかけて前年の塊茎の基部(前年咲いた花茎の根元)から複数の根状器官(仮称)を発生させ、次ぎに基部輪節上から新塊茎(イモ)が発生、新塊茎の成長に伴って里芋のような輪節跡が7~8輪着くと約3ケ月で塊茎の完成で花茎の立ち上げ開花となるわけです。

観察ボックスの場合
「2度咲く」の意味ですがつまり、同塊茎に今年咲いて、来年分も咲いてしまうと言う事です。
此れまでの観察で一度七月に咲いた塊茎の基部から根状器官(仮称)を発生させ次ぎに新塊茎を発生させ(輪節跡が7~8輪)待たずして花茎を立ち上げ今回の開花目前ということに。ですから年に2度ならず4度は咲くのでは(笑い)と。以前3月期に蕾が着いたがカビて失敗しましたが5月には成功しました。
四季咲き洋蘭などは聞いたような気がするが四季咲き腐生ランなどは聞かないね(笑)。次回は3月に同じ塊茎から是非咲かせて見たいっす。共生菌を操ることが出きればやっぱり腐生ランは易しいと言う事に、はい(爆)。

****************************************************************************************************************************************************************************************************************

2012-10-12 クロヤツシロランは一年に二度咲く?(その3)

前項に続き生長度の画像である。止めども無いが此処に来て生長が早くなってきた。前々項で11月末二回目開花するのではと記しましたが今月末には開花する勢いである。なにしろ本邦初なので(笑)誰にも分からないっす。

12012108122012101023201210123

くどい様だが今年の(2012)7月開花したクロヤツシロランの同じ塊茎がここにきて又新塊茎を発生させた。と思ったら塊茎生長半ばで花茎を伸ばし始め花芽の形成が始まった。親塊茎よりはかなり小さいが根状器官も発生しているので状態良好なのかと思われる。この腐生ランは生育条件によっては二度三度、いや年中咲かせられるのではと。早く共生菌サプリメント(?)出来ないかなぁ~(爆笑)。種播き権兵衛

****************************************************************************************************************************************************************************************************************

2012-10-6 クロヤツシロランは一年に二度咲く?(その2)

前々項の続きであります。今年7月に咲いた塊茎が結実して蒴果し、間もなくその塊茎の基部より新塊茎が発生した。その進行状況の画像であります。

120127121220129252320121023 5201210646_105

塊茎の頂点が垂直に立ち上ったので花茎であることは間違いない4図。同じ塊茎から、しかも7月に咲いた塊茎の基部1図から新塊茎を発生させた2図事は生態系からして6月始めの状況だ、野生で7月に咲くことはないのであるが人工的に一回咲いてしまったので本来の季節が来たので慌てて、塊茎の生長半ばで花茎をたちあげたのであろうか。いつも同時進行添付なので今後どうなるかは分からないが大変面白い実験である。共生菌の補充であるが子実体裏面に播種しても簡単に発芽5するので今回は手っ取り早く子実体そのものを添寝させてみた3図

この観察ボックス内での実験は昨年の暮れから延々と続いているので木材腐朽菌(共生菌)による固形培地の腐食が進んでいる。色んな方法で共生菌を更新補給しているが今一解らん事がある。それは共生菌が何種類関係しているかと言う事である。いずれは突き止めなければならないっす。種播き権兵衛っちの実験の新兵器は設備皆無でデジカメ拡大のみである。遅々として進まない。つづく

****************************************************************************************************************************************************************************************************************

☆2012-9-25クロヤツシロラン開花しました(野生)。
前回9月20日開花を期待して現地観察を行ったが未だ咲いていなかったが本日はご覧の通りある。

2_1911_242動画    

*********************************************************************************************************************************************************************************************************************************************

クロヤツシロランは一年に二度咲く?(その1)

勿論観察ボックスでの事であるが3~5図は今年すでに開花して結実して花柄が朽ちて消滅したが再び新塊茎を発生させた。クロヤツシロラン観察ボックス内で今季7月12日一回開花した。その後8月3日自家受粉した。結実したので種子は確保した。その後開花した同じ塊茎の基部より又、5図塊茎が伸長始めたので11月後半には二回目の開花となるかもしれない。野生では二回開花など起こり得ない事である。前回までの観察でこのクロヤツシロランは年中、直播きしても容易に発芽してくるので他の腐生ラン研究にも役立つかも知れない。

だが、これまでの腐生ランの観察で無菌発芽にしろ共生発芽にしろ、発芽は容易なのだがその後の生長がどうも芳しくない。これはマヤランなどでは知られているが共生菌を育む生の樹木が無ければならないと言われる。しかし、クロヤツシロランの共生菌は生の樹木を必要としない木材腐朽菌であり之に感染した固形堆積片で面白い程良く発芽する。6図がその発芽の状況である。大半のクロヤツシロランの幼苗はここ迄でで生長止まりである。現地林床に直播をして発芽も確認し、その開花も確認した。ですからこの幼苗を現地に移植すれば開花まで生長するに違いないが感染した堆積物がなくれば(常時更新されてはいるが)大体4.5年の命である。1つの塊茎に5個の花があれば5年ものの塊茎ということになる。一年に一花付くと言うことか。観察ボックスで播種培養すると、この幼苗が何故か途中で生長が鈍くなる。その原因は何んなのか、複数の菌が絡んでいるのではと何時も思っている。それが解ればクロヤツシロランは卒業なのだが、それが何なのか、種播き権兵衛にはどうも分からない。が後5年も長生きすればわかるかもです。

3_1734_845_1056_126

*********************************************************************************************************************************************************************************************************************************************

☆2012-9-20今年(2012)のクロヤツシロランは未だ開花しなかった。

   1   2

例年だと9月の半ばには開花するはずなのだが、やっぱり今期の猛暑の為か大分遅れているようである。昨年の開花は9月12日であった。この場所はクロヤツシロランの群生地で朽ちた倒木に生えるキノコの周りに開花するのでキノコが見つかれば容易に発見出来る。

観察ボックスの実験では前回、7月の半ばに開花して結実した。結局この腐生ランは過去には5月の連休にも開花した事も有るので一寸した工夫をすれば開花させる事が出来るし、又種子を直播きで大量に発芽、幼苗を得る事 も出来る。

だが、実生からの開花、結実を成功させるのは容易な事ではない。容易に栽培可能にするにはもっと突っ込んだ共生菌の種類の研究が必要なのかもしれない。つまり常に共生菌の補給が無ければならない。また人為的に共生菌を補給したとしても、菌の繁殖は直ぐに効果あるものでもないのである。この煩わしさを顧みればやはり自然での成り行きに任せる他はないのか。

***************************************************************************************************************************************************

 

☆2012-9-12今年も野生でのクロヤツシロランの季節がやってきた。

二三日中には現地観察に行かずばならないな~。はたしてこの猛暑を乗切ったか心配である。

動画http://www.youtube.com/embed/arNtkj3A9xY?rel=0" frameborder="0

***************************************************************************************************************************************************

☆2012-8-3その後クロヤツシロランは自家受粉をした。

1_26  2_20

その後2012度夏期は猛暑が続きクロヤツシロランの観察ボックス内は全てが萎えて瀕死の状態となった。早速住宅の北側のもっとも涼しい場所に移動した。ナメクジ等の外敵の進入防止のため園芸用の不織布を被せたためにショウジョウバエ等の小蠅等は入る事は出来なくなった。左図は花柄が伸び自家受粉したことの証明である。右図は観察ボックスを不織布を被せた図である。

☆2012-7-16ラン花の構造再び 

5_11

クロヤツシロランのペタルと呼ばれる花弁二枚両サイドにあるが非常に小さいね、これが最大の特徴で、花は香りと言うより臭いね。その芯弁がぶらぶらと動くこと、下向きに咲く訳だからその辺に受粉の秘密が隠されてるね。問題は芯弁の毛でしょうね。恐らく踊り場でしょうか、誰が踊るんでしょうね。

1_2712_2123_1836_134       

クロヤツシロラン夏期開花の進み具合ですが3~4日見ないと萎んで終う早さである。1図はあっと言う間に咲いてこれも萎みかけた。2図は開花姿であるが例によって下向きに咲くので観察ボックスを斜めにしないと撮るのは難しい。最初からそういう計画で栽培しなければならないね。

3図は開花終りで左は結実不成立、右は花柄が立ち上った様なので受粉したことになります。これは開花寿命は二日でした。大体クロヤツシロランの開花寿命4,5日と云われるので無理な栽培環境下では更に縮まる事だ。ショウジョウバエは未だ見てないのでなんで受粉したでしょうか。それにしても花粉塊大きいね。4図はおまけで今が盛であります。野生ランの風蘭&棒蘭。ランの中で一番醜いといわれる棒ラン、おまけに臭いのである。それに反してランの中で一番香りが良い日本の野生ラン。交配したらどうなるでしょうね。好奇心満ちあふれてた頃、当然交配咲かせましたよ!。それが上図の棒風(ボウフウ)ランです。自称ですが、はい!

**************************************************************************************************************************************************************************************本日を持ちまして2012年クロヤツシロラン栽培記録(1)の添付は終了となります。栽培記録(2),(3)も続行中ですので追々添付したいと思っております、この記録も全て直播きからの記録です。  

栽培記録(2)とは播種後、加温せずに屋外放置した観察ボックスの事です。その生長度です。

9_8 7_4
 
  栽培記録(3)とは本日(2012-7-17)新たに播種をしたものですがどうなりますかです。腐生ランの直播き、そして簡素化に向けて着々と(笑)進んでおります、はい!。

8_2 10_3どうぞ興味のあるお方はこりずに又遊びに来て下さい。種まき権兵衛 2012-7-1

***************************************************************************************************************************************************

☆2012-7-12 クロヤツシロラン 7月開花2012最速

7

                         ク ロ ヤ ツ シ ロ ラ ン VS ゴ キ ブ リ

1

                 2 3                           

観察を続けてきたクロヤツシロランがついに開花はじめました。しかし色々と難問たてつづきに発生して、今度は開花大詰めにきてゴキブリに花弁の背萼片が食害された。右図NO.2塊茎の背萼片が無残にも見苦しい。これも自然界で有るならばとるにたりない事ではある。

これは観察ボックスの中である。今後は次から次と咲いてくれるので何の心配もない、むしろ良い経験である。たかが腐生ラン・・されど腐生ラン。種蒔き権兵衛

4  5_2   6_2 

クロヤツシロランは自然に於いては9月中頃より開花が始まる。当初開花を5月頃と見込んでいたが、一時高温が続き、生長中止状態になり、その後持ちなおしたものの大幅に遅れて終った。それでも3ケ月程早く咲かせる事が出来た。季節よりも早く咲かせからと言って今は何の意味もないかもしれない。しかしこれは腐生ランであり、今後研究が進めばこんな野生ランでも栽培可能になり、その共生菌とランとの関係が少しでも解明できるかも知れないのだ。

腐生ランを芽出しから一時も離れず観察できたことの喜びは大きい。後、二三日もすればショウジョウバエが五月蝿く飛びまわるのが観察される筈であり、益々面白くなってくる。

以前には五月に咲いた事があったが、ただ珍しいだけに終わった。今回は色んなこれまでの疑問点についてしつこく観察して見たい。

1.受粉の仕組み、自家受粉、ポリネーターは必要なのか、開花後の様子、芯弁の構造(揺れ動く理由)等々

2.オニノヤガラの構造、習性、その他についてとは大変性質が違うので根掘リ葉堀りやって見たい

3.共生菌はサプリメントの様に生成摘出できないのか(笑夢)

***************************************************************************************************************************************************

☆2012-7-7 七夕開花ならず

  1_2  2_2

観察ボックスも半年を過ぎクロヤツシロランの各部位も何と無く色褪せてきたように見えるのだが、こんな時共生菌のサプリメントを上からパラパラとふりかけている夢を見る種蒔き権兵衛だす(笑)。

   3_2 4_2 5_3            

最初は5~6月頃開花させたいと思ったがならず、では七夕頃開花するかと期待したが中々咲きませんね。そこで各々花は何個づつ咲くかと想像しているのだが、これもさっぱり分からないのであります。真ん中の尖んがりがどの様な伸び方をするでしょうね。野生にあるならば、これも生長して花芽になるのかな~。

しかしこれだけ出来上れば秒読み段階に入ったでしょう か。次回の添付は開花姿となるでしょうか。まあ~こんな事を観察している気違い的暇人は他にはこの世にいないでしょうね(笑)。

***************************************************************************************************************************************************

3_4☆2012-7-4 袴葉の観察&役割?

1_3

4_3 5_4 6_3 7_2 8 9 12_2 13

クロヤツシロランの種から生長過程を概略で列挙しました。種を蒔くと種子が膨らみ丸みのプロトコーが発生します。次に中心に子葉(仮称)らしき物が発生し、プロトコーの両端から根状器官(仮称)が伸びます。同時に子葉の根元が膨らみ、これが塊茎形成の始まりです。この塊茎は袴葉にガードされて発生してきます。以後之の繰り返しです。進行方向や障害物回避はこの袴葉の生長点の微妙な指令によって決まってくるようです。何かを分泌している形跡が見られます。この様な微妙な変化の観察は無菌の観察では難しい処です。

最終的にこの袴葉そのものが花弁になるかも知れないのだす。はたして如何に、観察はつづく。

***************************************************************************************************************************************************

☆2012-7-2 クロヤツシロ花芽、つぼみ確定

2_3
    これは下記NO,2のクロヤツシロランの花芽頂部である。さて、何個の花が咲くでしょうか?。

                       ☆☆☆本邦初公開ですから誰~れにも分かりませんね(笑)☆☆☆

         1_41     2_42

1,2図花茎の先端花芽確定、つぼみ数も確定。これは残念ながら今期実生からの花芽立ちあがりではなかった。
半年で実生から開花に至る訳が無かった。観察ボックス既存の塊茎が混入していたに他ならない事が分った。それが実生からの塊茎同様、共生菌の働きによってすくすくと生長したのだろう。蕾が一個ならば初開花だが、複数付けば大体の株令が判明する訳であります。

          3_434_54

3.4図は明らかに今期実生よりの塊茎である。しかし一年で開花に至ることは信じ難いが今季の9~10月までは大分間があるので花茎立ちあがりを期待したい。

問題提起、袴葉の働き

5_5

***************************************************************************************************************************************************************************************

☆2012-6-30 腐生ランと言いども光が欲しい。

1_5
大失敗をした。クロヤツシロランがこんなに花茎を伸ばすはずが無いと,ふと眼が覚めた、夜中の3時であった。時たまこんな調子で眼を覚ますことがある。
観察ボックス蓋をあけてみると花茎は4,5センチはあった。前回観察してから4日めのことである。林床で有るならば花茎は3センチ止まりで開花の準備をするはずであった。ところがまだまだ伸びる気配である。アキザキヤツシロランかと錯覚をおぼいた。つまり腐生ランと言いどもこの花芽分化の時期は明りが無ければ駄目なのだと思った。そこで急遽本日から屋外北側の薄暗い場所に移動した。明日から7月である。開花は数日遅れそうである

2_5 51 4_6
     一寸気が早いのですがクロヤツシロランの花弁6枚はどの様にして形成されるのか観察を続けているうちにふと気が着いた。これまで永い間、洋蘭をやってきて一度も気がつかなかったことがこの腐生ランの観察はラン花の構造の進化を簡単に解いてくれそうなのです。之は発見だ(笑)。

***************************************************************************************************************************************************************************************
腐生ラン栽培の記録共生菌の発見直播き開花?その瞬間!を追う。

☆2012-6-26クロヤツシロラン開花は6月中にも!

1_6

観察ボックス内の温度が20℃前後になると花茎の成長度がぐんと伸びるので冷房装置があれば完璧だと思う。しかし常温で観察しているのでこの時期6月でも外で28℃にもなる。今の処、室内で涼しくしていても24℃~25℃にもなった。仕方無いので氷をビニール袋に入れ水枕で何とか咲かせるまでの応急処置である。そんなこんなで、見る見るうちに花茎がのびその生長点は分裂し花芽の兆しを形成した。上図の拡大はその様子であります。後、一週間も涼しい気温が続けば開花するものと思います。

2_7
クロヤツシロランの栽培について

ロヤツシロランの共生菌は木材腐朽菌である。その共生菌を同定することが出来れば腐生ランと言えども直播きをして花を咲かせる事も出来る。林床に腐生ランが生えていれば其処には必ず共生菌も存在する。権兵衛は偶然にしてクロヤツシロランの共生菌を発見した訳です、そのことが切っ掛けで何時でも沢山発芽をさせクロヤツシロランの塊茎をつくる事が出来るので、あらゆる角度からクロヤツシロラン観察と実験を行う事が出来た。この共生菌と林床の倒木枯葉枝が堆積更新される限り菌を育み腐生ランも育みその宝庫となるに違いない。反面林床間伐や手入れの為、人手が入ればたちどころに消滅してしまう運命にある事も事実である。

3_5

右の画像も同じクロヤツシロランの直播き実験床で発生し袴葉を分けて花芽発生の瞬間で生長点も正にランの花弁が形成されると言う処であります。外気温が20℃前後になるといつの間にか別の花茎が伸びて来たのに気づく。

次回添付報告頃には各々の花茎の生長点に花弁形成がはっきりと現われるものと思われる。ただ木材腐朽菌とは何者なのかとの熟知の上で取りかかって欲しいです。   種まき権兵衛

***************************************************************************************************************************************************************************************

☆2012-6-23 クロヤツシロラン花茎の立上げ!本年最速確認        (権兵衛っちの腐生ラン)

1_7
2012年度クロヤツシロラン花茎が立ち上がりました。自然自生地に置いてはこの6月ようやく根状器官の活動が開始したばかりだと思います。この画像の様子を見る限り塊茎生長の延長とは思いませんね。花茎の形成だと思います。腐生ランの観察をやっていて開花よりも、この花茎の確証を見る時、やはり興奮しますね~。
問題はこれからが本番だ。花が一個咲けばこの塊茎は一年生、同じ花茎に二個咲けば二年生ということになるのだが果たして実生から一年で開花するかの疑問、もし二個咲いたら元々この観察ボックスの中に既存の塊茎がすでにあった事になるのであります。けれども権兵衛クロヤツシロランの塊茎をボックスに入れた覚えは全くないのであります。いやはや、嬉しいやら、どんな発見が有るやら、想像もつきません。若し実生から半年で開花したらどうなるでしょうね~。これは眠れませんよ(笑)。とにかく共生菌の働き次第ですからね、どうなるかはクロヤツシロランに聞いて見たいものです。問題はまだまだ有るのであります。次に花茎の生長点のアップです。

2_8 3_6 4_7 5_6
左からNO.1, NO.2, NO.3, NO.4の塊茎からの花茎の立上げの様子。

6_46               7_37

上の説明文で一寸触れたが、既存の塊茎が混入したのではの件、ならばこの画像の二枚を見て頂きたい。之は共生菌に感染した(?)倒木片の表面である。この場所に種を蒔いた時の画像(7図)、そして6ケ月でここまで生長した子塊茎の画像(6図)である。もしこの塊茎の花茎も今期立ち上がれば本物だと思っているだす。そのうちにご報告出来ればと思います。

***************************************************************************************************************************************************************************************

☆2012-6-21クロヤツシロランの花茎が?!?!

5_7 1_8

クロヤツシロランを栽培して常温で咲かせようとするならば当然だが秋の涼しい10~11月頃である。それ以外に咲かせる季節は無いかと言われれば5月頃となる。5~6月の気候はクロヤツシロランが開花する10~11月の気候に近い様にも思われる。前回の開花は偶然にも5月の初旬だった。野生の藤の花が10~11月に咲くことが有り狂い咲きしたなどど言う。ですから今回も5月頃咲くのでは無いかと期待しておりましたが当てが外れてしまった。ここ6月になって急に気温が上ったり心配していたが、何か塊茎の状態が変調している様なのだ。これまでNO1の塊茎のみ観察であったが、周りのNO2,NO3の塊茎が急に立ちあがったので之は花茎ではないかと期待をしている処である。いずれにしろ後一週間もすれば決着がつく筈ずではあります。色々な問題、疑問は沢山ありますがそのつど所見を述べたいと思います。野草の様にストレートに判断出来ないのが歯痒いところであります。

2_9 3_7 5_8
      

***************************************************************************************************************************************************************************************

☆2012-6-19クロヤツシロラン簡単直播き方の比較

訂正=シックイタケは誤りで以後「未記載種のキノコ」と訂正する。

2011-11クロヤツシロラン種子採取、鞘が割れた時点の完熟種子、その後播種床を作るため、容器には何が良いか色々検討した結果、市売のカブト虫飼育の箱を大を二つ購入した。出来れば密閉出来るもと思ったがないので我慢した。箱の底は嵩上げして二重にし、数箇所に小穴を開けた。最下部の床には水はけ用の穴を一つ開けた。

 

次に播種床用の材料だが、これは数年の林床観察でクロヤツシロランの共生菌はシックイタケと同定した。これは林床から証拠の材料を発見 したことから確証をいたのでこれを固形培地の基本として投入した。その他シックイタケに感染しているだろう倒木を片中央に据えた。これは一旦菌に感染すると長期間乾燥に絶えることが出来るのでは無いか、又観察し易い為である。シックイタケの画像

                             み

 

次に大切なのは観察ボックス内の程よい湿度の調整である。これは。ひよっんな事からヒントをいた。林床で材料のスギ玉を拾い集めてビニール袋(買い物袋)入れ、そのまま林床に忘れて来てしまった。その後10日程して又林床調査に出かけ、前回忘れてきたビニール袋を開けてみた。これがびっくりである。
ビニール袋をきつく縛っていた為に所々に白い菌糸らしきものが見えた。そして何よりも袋の中は当然かも知れないが暖かく感じられた。発酵しているかの様にも見えた。

 

そんな訳で観察ボックスは何時もビニール風呂敷を被せきつく縛っている。これをやらないと駄目な様である。
簡単で確りと程よい湿度を保ってくれるのだ。この観察の適当な時期は種採取直後から来年の6月頃までが良さそうだ。それ以後になると暑さ対策を考えるか、育った子塊茎は林床にお返ししなければならないっす。

2012-1-22其々の観察ボックスに直播きをした。

1)播種後加温しなかった場合
  この床は直播してからビニールを被せきつく縛って屋外に置きっ放しにした。放置と言っても地べたに直接置いたりはしないことです。(不出来覚悟で行った実験)
  直播きを行った後ほとんどビニーは取らず観察はしなかった。しかし湿度は最低限保たれた様で、2)の観察ボックスとは比べものにならない程生長は遅れていたが乾燥気味でしっかりと発芽していた。ただ6月でこの状態だとその後は気温が上がり生育は難しい事になるだろう。置き場の環境は勿論日陰で涼しい北側で雨風が当たらない暗所が適当である。

              1_9 2_10

2)播種後加温した場合、
  三日に一度、一週間に一度観察しそのたびに霧吹き(沢水)を実行した。6月のはじめ頃までは20℃前後で程良い温度で推移した。床内の材料は自然の物なので加温をすれば当然弊害がでる。先ず害虫の卵の羽化で常に拡大鏡で徹底的に目視、排除焼却である。この意識のないお方は絶対に真似をしてはならないっす。そのためにこの観察ボックスは別途密閉箱を作りその中に入れ二重箱の状態である。この空間には時たま殺虫剤を噴霧しても子塊茎には影響は無いが、直接殺虫剤を噴霧すると生育器官のいたるところに黒点染みが発生する。これは噴霧の粒跡で拡大して初めて確認出来る。

              3_8 4_8

    これまで、添付してきたクロヤツシロランの育成観察の記録はこの2)の記録である。大小さまざまの塊茎が点在しているのでじっくりと観察出来る。無菌播種でプロトコームをつくることも出来るが無菌操作は極めて煩わしく観察はきわめて困難である。無菌操作は研究者にお任せしてご同輩諸君がもしクロヤツシロランの簡単研究を望んでいるならば短期間で素晴らしい発見が出来るものと確信する。腐生ランは易しいの合言葉でまいりましょうか、はい。

こんな研究をやって見たいと思う諸兄ご同輩諸君に少しでもご参考になればと恥ずかしながら公開しているところであります、蒔き.権兵衛)

***************************************************************************************************************************************************************************************

2012-6-16この夏は里帰りだ!クロヤツシロラン

11 12_2 13_2 14 15 16

クロヤツシロランの直播きを開始して早や半年経過した。5,6月までに何とか咲かせたいとせっせと励んできたが、どうやら夏場が来てしまった。望みは未だのこっているが、折角沢山出来たクロヤツシロランの子供達を
この夏は山に里帰りさせることに決心しました。
今回マヤランの根茎観察で健全に生長している姿を見て以外と根茎の強靱に嬉しくなったのだ。この分だとクロヤツシロランはマヤランほど気難しい訳でも無いので゜野生に戻してもきっと開花して種を飛ばしてくれるはずである。昨年は林床に直播した株が2年11ケ月後に開花した記録も撮った。このての観察は播種してから先ず開花させて初めてなんぼであると思っているだす。又一方では開花させて、種をとったときが観察研究の終盤だということ、これは完璧ですね~。

413 512 610 612 614 616
種蒔き権兵衛の観察ボックスで一際大きく育ったクロヤツシロランの塊茎。気がついた(発見)のが4月の半ばその時は一センチ足らずであった。枕元に置いて大切に扱ってきた、ほゞ気違いである。最初は塊茎の傍に白い菌糸体らしきものが見えたが今はすっかり消えてしまっている。過去にも一回咲いた事があったがその時も傍に菌糸体があったが開花する頃にはすっかり消えてしまっていた。
今回はクロヤツシロランの播種からフロトコームの生長の様子、そして塊茎形成の手順がこと細かく観察することが出来た。時として予期せぬトラブルが起こり何時もはらはらどきどきである。今度は怪物ども参上してカリカリと塊茎の生長点を喰らう奴が現われた。殺菌剤や殺虫剤を散布すれば一巻の終わりとなるしな~。

***************************************************************************************************************************************************************************************

2012-6-15マヤランの現地戻し実験の夢開花

30才代の頃或る蘭友会に入会した。今はもう脱会の歳になってしまった。
蘭とのつき合いは根気とのつき合いそのものである。マヤランの根茎埋め戻し実験に於いてもマヤランが開花して果実の養生から播種、そして今回の現地埋設、観察と4年の歳月が過ぎ去った。一カ月や二カ月の単位ではなく一年単位の成り行きであり、その間失敗したり、飽きてしまったりと中々実験の成果を期待することが出来ないな~。けれども今回のマヤランの実験で、マヤランの根茎の強じんさにはびっくりですね~。この分だと現地に戻したマヤランの開花も夢では無い様だ。

1_10 2_11 3_931

無菌播種したマヤランの根茎を林床に戻す実験の話は時たま聞きますね~。ただこの実験と観察は永い話なのでどうなったかは残念ながら判らないっす。今回この実験に用いた根茎は初めて丹沢でマヤランを発見した時の種子なのであります。その後この山地は国の計画によって調査もないまま伐採されて悲しいかな消滅となった。その片割れの想い出深い我がマヤランなのだ。だから咲くまで見届けるぞの覚悟なのであります。

マヤランの根茎を埋め戻しして半年過ぎて初めて観察に出かけました。その気持ちはやはり交配したランが開花するあの前夜の想いと同じでありましたが不安もありました。然しその不安も吹っ飛びました。このマヤランの根茎は最上段に添付してあります

***************************************************************************************************************************************************************************************

再三のパソコントラブルで添付画像消えました。以下随時順次再添付します。失礼しております。   2012-7-17権兵衛

コメント

nora&toki様、コメント有難う御座います。
もう、今年マヤラン咲きましたか。お住まい場所分かりませんのでね。
でも最速開花ですね~。少しばかりマヤランをやっていてその根茎の強靭さは
相当なものだと実感しました。とに角毎年咲くと良いですね。今後のご研究に
期待いたします。権兵衛

種蒔き権兵衛様、私nora&tokiと申します。 大変素晴らしい研究をされていると驚愕いたしました。私は
マヤランに惚れ込みまして、3年前から鉢栽培に取り組んでいます今年も2輪ですが何とか咲いてくれました3年連続で2輪、初めて神社の境内で出逢った花は、花茎30㎝程に7輪咲いておりまして感動いたしました。それからが苦労の連続ですあの手この手で育てています。
良い栽培方法があれば、ご教授ください。

コメントを投稿

OCN 検索

2012年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事

最近のトラックバック

    カテゴリー

    « 着生ランの直播き | トップページ | 根も葉もない話(3) »

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2062980/57428272

    この記事へのトラックバック一覧です: 根も葉もない話(2):

    « 着生ランの直播き | トップページ | 根も葉もない話(3) »

    最近のトラックバック

    2017年6月
            1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30  
    無料ブログはココログ