« 根も葉もない話(3) | トップページ | 【マウンテン ドック ”マメ (Mame)”のページ】 »

2014年9月19日 (金)

南、北アルプスの山岳と丹沢の山々と

*****************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************

西南北鎌尾根一周                  山への憧れ、贈る唱 坊がつる讃歌(二木紘三のうた物語)************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************ 

ジャンダルム山名の謎を解く! スライドショーで観る

槍穂,穂高連峰の縦走とジャンダルム南鎌尾根?”   HPへ戻る                                (新穂高槍ヶ岳南岳北穂高岳涸沢岳奥穂高岳ジャンダルム西穂高岳新穂高)

丹沢の老蛙は63才で引退をして丹沢山麓の畦道から始め一寸奥山の林道を歩き尽くした。その後、徐々に丹沢山塊の尾根を縦走して夏山の丹沢は暑くて、ぬかって、アップ、ダウンが多くて大変であることが分った。各方面から登山の訓練のためこの丹沢を訪れるのも一理ある。そのころ外山にジャンダルムという変わった名の山があることに気づきました。2,3年後のことであった。何故かジャンダルムの呼名の響きは心に残った。それならば行って見よう、謎に迫って見ようと決心をした。65才の後半の頃で未だ若かった頃(笑)である。そのころ山の本を初めて買い求め毎日心を焦がした。登山の日時、天候、コースはどうするか、山小屋泊まりか、テント泊か、食料水の分配、等々つぎからつぎと盛り沢山ある事に嫌になったが楽しみの日々が続いた。結局梅雨明け10日と教科書通りと決定した。庭に緊急用ツェルトを張り一夜を明かす。普通テントは重いので想定外、電池まで計った。重装備で13kgが限界でこの重量を背負って丹沢を一日中歩いてみる。そして3泊4日の苦闘が始まった。      ここでは”南鎌尾根”?と呼びたい

1

12

13_2

結論から申せばこれがジャンダルムだ!。聳え立つ岩壁に落とした影絵ジャンダルムなのだと。そしてその謎が今、解けたのである。偶然に現れたこの影絵を説明する必要もないかも知れない。先人の命名者に逢うことが出来た。その昔、どんな思いを膨らませて縦走したのであろうか。いやそんな昔でもないかも知れない。6分間の映像で静かに徐々にロバの耳中に隠れて消えた。この瞬間の感動は一生忘れられないことでしょう。これまでにこのジャンダルムを縦走してどれだけの登山者がこの現象を見たのであろうか。目の錯覚かも知れない。右肩に盾と槍、頭部に衛兵の兜と。山岳書籍にジャンダルムとは「奥穂高岳を守る衛兵」とある。正にその通りである。説明は後から付けたのであろうか。山岳書籍にそう書いてあるからそうなのかと誰も疑わない。しかし先人の命名者はこの影絵を眼前に見て感涙したに違いない。奥穂高山荘から上り詰めて稜線に出た瞬間の朝陽を浴びた大岩壁のスクリーンに映し出された影絵。あァー?これだ!これだ!と。開設者はこの瞬間に名命者の心の琴線の一端に触れた思いであった。馬の背ロバの耳。とくとこの影絵を見て下さい。中図から容易に発見することが出来ると思います。この影絵に触れている山岳書籍はないかとあさって見たが何処にも無かった。奥穂高岳の頂きを朝陽がぬける瞬間のウマの脊とロバの耳の影絵の自然現象の6分間ジャンダルムを見るシャッターチャンスであった。ツェルト内部は露結と強風に叩かれ防寒を兼ね3夜とも雨具着用で寝袋に潜った。3日とも良いお天気に恵まれたが寝袋は露結の為、じっとりと重かった。悪天候で最悪の場合は山小屋泊すれば良いと云う案心感もあるし、老体を十分に考慮した行程を訪った。幸い露営地には午後3時頃到着計画したので夕方遅くまで天日乾燥が出来た。この影絵が現われる6分間の時間帯だが後ほどご覧になって参考にして下さい。これは永久に続く山家ならではの感動の瞬間を是非ご同輩諸君も味わって下さい。

                                                                                                                                                  ※ページ内の画像の無許可転用はてきません。

2 3 4 41jpg 42 5 6_2 7 8 9 10 11 12_2 13_3 14 14_2 15 151_2 16 17 18 19 20_2 21 22 23_2 231 24 251 25                            

いよいよ明日はジャンダルム通過だが、夕暮れになって穂高山荘のテント場はおそくまで賑わっていた。どこからとも無く明日早朝ジャンダルム越えする者同志が集まって来た。もっぱら朝経ちを何時にするか、ジャンダルムの岸壁はどうかなど、情報をとりあった。経験者は居るもので、その人の回りに数人が集まった。キレットや飛騨泣きを越えて来たことなどの話になると、その経験者はジャンダルム越えよりもキレットや飛騨泣き越えの方がいやらしいとつぶやいた。お互い胸を膨らませ早々にしテントの中にもぐった。

昨日夕刻奥穂高山頂は踏んでいるので登らずジャンダルムの影絵を堪能したあと直ぐに馬ノ背のナイフ エッチの高度感を味わった。ガラガラの急斜面は崩れ落ちる衝撃音が時々こだました。鞍部に到着するのに思いの外時間が過ぎ去った。鞍部から大岸壁の挑戦だが、写真平面を予習してそらおそろしかったが足場はしっかりとあり棚場には踏み跡があり案ずるより産むが安しとはこのことであった。ジャンダルムの裏手は予想もつかぬ風景であった。其の後天狗のコルに急降下だがどのクサリ場のクサリのつぎても擦り減りびっくりした。後日ある専門誌に投書を行ったが其の後どうなったかは知る予知もない。天狗のコルで大休止、早めの昼食をとった。その昔避難小屋の基礎部がかすかに草群に埋もれてあった。お湯を沸かしラーメンを作ったがこれが後ほど大失敗をしてしまったのである。

奥穂高山荘で3リットルの飲料水を補給したが昼食後ボトルの蓋が緩んでいたのに気づかず殆ど無くなってしまったのである。それでも500mmリットル程残ったので一口含んでは飲み込まずを繰り返したがとうとう西穂高で無くなってしまった。ガムを噛んだが口の中でボロボロになってしまう有り様であった。ようやくの思いで独標に辿り付いた。とその時、山には神様が居るのだと思った。独標の傍らに一本のボトル(500mm)が置いてあったのである。それも未開封だった。後ほど色々と考えたが誰がどんなことで置いて行ったのであろうか。山神様に救われた思いだった。そして2年後、西穂高山荘より2本のボトルを持参して独標の傍らに一言したため養生して、奉納したのである。        スライドショーで観る

**********************************************************************************************************************************************************************************************

東鎌尾根一周

三俣常念岳大天井岳西岳東鎌尾根槍ヶ岳横尾蝶ケ岳三俣

**********************************************************************************************************************************************************************************************

西鎌尾根一周

新穂高鏡平双六岳西鎌尾根槍ヶ岳槍平新穂高)

**********************************************************************************************************************************************************************************************

丹沢を歩き尽くし、バカ尾根お百度も踏んだ、そしてジャンダルム越えもやリ、東西鎌尾根も経験した。残すは北鎌尾根 だが勝手気儘の性分で全て単独山行である。単独登山は傍から揶揄されるので自慢にもならないが何故か性に合うのだ。同行者が居れば危険度が二倍になると変な理屈を付ける。山神様は自ら助くる者を助く、と信じて居る。山人生最後の75才になって難関の北鎌尾根を単独縦走出来たのも健康そのものだったからで、口には出さぬが、かみさんのお蔭であり心残りなく山は卒業と言うことになりました。

        山は感動と奇跡の出会いである。そして勇気と決断と忍耐根気を与えてくれる。

     よッしゃ!やるぞ!!      北鎌!!  溢るる涙堪えて・   虹は何故に垂直か!! 

Photo_2


                あ の 穂 先 を 目 指 し て!!  北鎌尾根 独標より撮影

■(1回目)北鎌尾根一周(2010-8-6~9)74才単独         動画2      動画3      山溪の北鎌尾根 

(中房-合戦尾根-燕山壮-喜作新道-貧乏沢-北鎌沢-北鎌尾根-槍ケ岳-東鎌尾根-西岳-燕山壮-中房)

■(2回目)北鎌尾根一周(2011-8-4~7) 75才単独    記事(ブログ)   動画1    

山、登山は確かに危険である。どんな形で危険が迫るか、経験や場数を踏めば其れだけ危険を予知出来るかもしれない。それはあくまで予測であり、気休めである。それでも悪魔に遭遇したとき、大切な事は動転した気持ちを押さえる事、落ちつくことであり居座る覚悟である。山神様は自ら助くる者を助くからである。登山下山は一対であり下山無くして喜びはない。その喜びをゆっくりと第三の人生で謳歌したい。

(中房-合戦尾根-燕山壮-喜作新道-貧乏沢-北鎌沢-北鎌尾根-槍ケ岳-東鎌尾根-西岳-燕山壮-中房)

*********************************************************************************************************************************************************************************************

■劒岳登山     スライドショーで見る    劒岳点の記

**********************************************************************************************************************************************************************************************

丹沢山塊の山

■塔の岳(2010.2.5)  スライドショーで見る             

■塔の岳(2010.2.19)  スライドショーで見る        

■塔の岳(2011.9.8)       動画1

Mame6マウンテン ドック   ”マメ (Mame)”のページ

**********************************************************************************************************************************************************************************************

■■ Mountains & Butterflies(登山) 

 山への熱きいざない、贈る唱 「坊がつる讃歌二木紘三の歌物語

**********************************************************************************************************************************************************************************************

« 根も葉もない話(3) | トップページ | 【マウンテン ドック ”マメ (Mame)”のページ】 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2062980/57428374

この記事へのトラックバック一覧です: 南、北アルプスの山岳と丹沢の山々と:

« 根も葉もない話(3) | トップページ | 【マウンテン ドック ”マメ (Mame)”のページ】 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ